ドイツ製高級カスタムパーツABM
Home > その他のコンテンツ > お客様のレポート > 2018年 > 2月16日

★静岡県H.Y様のレポートです★

●装着車両
ZX-10R

●ご購入して頂いた商品
マルチクリップ【φ50】【ワイド】バージョン:ツアー(上下調整可)
ZX-10R(11-15)延長クラッチケーブル
ABM製ハンドル専用バーエンド(赤)



↑は、装着前の画像です。




↑は、装着前の画像です。






↑は、装着後の画像です。











★静岡県H.Y様のレポート
ABMジャパン 山口様

2017年の年末にマルチクリップ【φ50】【ワイド】を購入し、冬休みを使って取付を行いまいました。

グリップの取り外しからアッパーブラケットの取り外しなど、これら一連の作業は、それほど難しくもなく長い冬休みを使って毎日少しずつ作業を楽しみながら行えました。

取り付けに当たっては、ハンドル位置がUPすることでハーネスの取り回しが届かなくなりますので左右のハーネス共にフロントフォークの手前側を取りまわすように変更しています。(写真After RH, After LH)

ハーネス以外のクラッチケーブルとブレーキホースは当然届かなくなりますので変更が必要になります。

クラッチケーブルはABMさんで設定されている延長ケーブルを購入し対応。

ブレーキホースは延長するエクステンションも検討しましたが、この機会に全部ステンレスのホースへ変更しました。(写真After RH-2 Brake Hose)

一番苦労した点は、グリップ部分のバーが調整できることからその角度決めと、高さによってはブレーキオイルタンクとスロットルワイヤーがカウルに干渉してしまうことや、ハンドルとタンクの干渉などの調整から、スイッチボックスの回り止め用の穴あけ位置にずいぶんと迷いが生じ、時間がかかってしまいました。

そのおかげで有意義な冬休みが過ごせたとも言えますが・・・

Before/Afterの全景(写真Before 全景, After 全景)を見比べて頂ければわかる通り、かなりのポジションUPで、ノーマル位置に対して約50mm程度上がっています。

これまで泊りのツーリングには湿布薬持参でツーリングに出かけていましたが、これなら2泊3日のツーリングまでなら問題なく行けそうです!

初めての作業で失敗もあり、ノーマルに取り付けていたグリップヒーターのLH側を接着剤で固定していたのですが、取り外す際に電熱用のワイヤーを切ってしまい、とんだ出費でした。教訓を生かして、新しいグリップヒーターは両面テープで固定しました。

★ABMジャパンより
この度のお買い上げ、及び画像とレポートのご提供、誠に有難う御座います!

では、また何かご縁が御座いましたら、その際は是非、宜しくお願い致します!


マルチクリップ【φ50】【ワイド】

ZX-10R(11-15)延長クラッチケーブル

バーエンド(6色)




特定商取引法に関する表示 Copyright(C)ABM JAPAN All rights reserved ページのトップへ